いびき専門の外来で睡眠の質をあげられる!

  1. ホーム
  2. 女性らしさを失わない

女性らしさを失わない

ウーマン

食べ物からの対策

女性ホルモンを増やす対策として、食べ物から行うアプローチは非常に有効です。具体的にはキャベツに含まれるボロンという成分には女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を促す作用がありますし、ザクロはエストロゲンを活性化させます。健康に良いと言われているオリーブオイルもオレイン酸の働きによって女性ホルモンの分泌を整えてくれますので積極的に利用すると効果的です。これらを普段の食生活に取り入れることで女性ホルモンを増やすことが可能ですが、いくら良い効果があるとはいってもこればかりに偏ってはいけません。食事はバランス良く摂取することでそれぞれの栄養素が持つ働きが最大限に引き出されますので、バランスが大事です。

体の様々な部分に影響が

女性ホルモンが減ると体毛が濃くなったりバストからハリが失われたり、髪の毛が薄くなることもあります。ですから、減っていると感じたら増やすための努力をしなければなりません。睡眠不足が続いた時や食生活が乱れている時、冷えの症状が酷い時等は減っている可能性があります。この場合、男性ホルモンの働きが優位になりますので、手足や口周りのムダ毛が濃くなったり皮脂の分泌量が増えたりします。増やすための努力は外側からは行えません。元々体内のバランスによって成り立っているものですので、体の調子を整えて効果的な栄養を摂取するといった内側からのケアがメインになります。バランスが整うと肌のコンディションが良くなり、女性らしい体つきになります。